柳澤博公式ブログ|プロの投資コンサルタント

富裕層向けの資格である、日本証券アナリスト協会認定の「プライベートバンキング・コーディネーター」を持ち、世界三大投資家であるジム・ロジャーズ氏とも対談した投資を教えるプロが、資産運用の基本から、世界の金融商品の説明、アドバイスを行います。お金の心配がなくなるお手伝いができればと思います。

タグ:相続

第1回「相続について」

 

第2回「相続の予行演習をしよう!」

 

第3回「相続はいつ開始されるか?」

 

第4回「相続をするのかどうか?」

 

第5回「相続人の確定」

 

第6回「財産の確定」

 

第7回「遺言書の作成」

 

第8回「遺産分割協議」

 

9回「相続税の計算と申告、納税」

お疲れ様です( ^ ^ )

9回は、「相続税の計算と申告、納税」についてです。

 

被相続人が亡くなってから、10ヶ月以内に、相続税の計算をし、相続税が発生する場合は、税務署に申告し、相続税を納税しなければなりません。

 

相続税が発生するかどうかは、

 

・法定相続人を確定させる

・遺産を確定させる

・相続税を計算する

 

という流れになりますが、法定相続人が何人いるかで、いくら以上遺産があったら相続税が発生するか、計算できる

 

・基礎控除

 

というものがあります。

計算式は、

 

3,000万円 + (法定相続人の人数 × 600万円)

 

になります。

仮に、法定相続人が3人の場合(配偶者、子供2人)、

 

3,000万円 + (3人 × 600万円) = 4,800万円

 

つまり、遺産が4,800万円を超えている場合は、相続税が発生します。

例えば、遺産が5,000万円あった場合は、200万円分が相続税の対象になります。

 

逆にいうと、遺産が4,800万円以下の場合は、税務署に申告をする必要もありません。

相続税が、比較的少ない場合は、毎年110万円までは、非課税になる「暦年贈与」という手段を利用して、時間をかけて、相続税の対象資産を減額させることも可能です。

 

相続税の計算に関しては、税理士の仕事のため、個別の計算はできませんが、財産目録を無料で作成し、相続税まで無料で算定してくれる税理士をご紹介できます。

お疲れ様です( ^ ^ )

第8回は「遺産分割協議」です。

 

遺言書があり、それを相続人が全員納得すれば、その通りに相続が開始されます。

諸々手続きがスムーズです。

 

もし、遺言書がない場合は、相続人「全員」による

 

・遺産分割協議

 

を行い、「全員」の同意を元に、

 

・遺産分割協議書

 

を作成します。

この際に、

 

・相続人全員の戸籍謄本

・相続人全員の印鑑証明書と印鑑

 

も必要になります。

離れて住んでいる相続人が全員一堂に会す必要はありませんが、書類は全員分必要です。

 

これだけでも大変ですが、そもそも「全員の合意」がないと、遺産分割協議書は作成できません(相続人全員の「署名」「捺印」が必要で、戸籍謄本から法定相続人が一人でも欠けた場合は、効力を発揮しません。裁判所の証拠にもなる厳密な書類です)。

 

遺産分割協議書があれば、被相続人(亡くなる方)の

 

・預金口座の出金

・有価証券の解約

・不動産の名義変更

 

が可能になります。逆に言えば、遺産分割協議書がないと、上記のことができなくなります。

この遺産分割協議書が作成できない場合は、家庭裁判所で裁判をすることになります。

相続が「争族」になる瞬間です。

お疲れ様です( ^ ^ )

第7回は「遺言書の作成」です。

 

遺言書を作成するメリットは、以下の通りです。

 

1.被相続人(亡くなる方)の意思を示せる

2.遺産分割協議をする必要がなくなる

3.預金口座の出金、有価証券の売却、不動産の名義変更がスムーズに

4.自分の人生を振り返れる

5.家族と自分の死後の話ができる

 

自分は死なないと頑なに思う方がいますが、誰しも必ず死にます。遺言書がないと、本当に残された家族が大変です。そして、時間もかかります。遺言書があると、手続きがスムーズです。残された家族のために、遺言状を残すのは、優しさだと思います。

 

遺言状作成の注意事項としては、書き方を間違えると無効になることです(無効になった場合、遺産分割協議書の作成が必要で、めんどくさくなります)。

 

遺言書の種類は、3つ。

 

・自筆証書遺言

・公正証書遺言

・秘密証書遺言」

 

それぞれ作成にルールがありますが、自筆証書遺言は、「自筆」「日付」が必要になります。

不安な方は、弁護士に相談すると良いと思います。

 

大切なことは、

 

・相続人を確定させ

・財産も確定させ

・家族と普段から家族(今後)の話をすること

 

です。普段からの会話量が、そのまま相続の時の対応になります。

何事も準備が大切です。

お疲れ様です( ^ ^ )

第6回は「財産の確定」です。

 

具体的にいうと、バランスシート(BS)を年に1回作成し、家族で共有することです。

バランスシート(貸借対照表)は、企業が1年に1回作成しなければならない、財務諸表の1つです。

 

これを家計でも作成します。その効果は以下の通り。

 

1.家族の資産を全員が把握できる

2.誰に何を相続したいか、数字で可視化できる

3.遺言書の作成ができる

4.相続税の計算ができる

 

逆に、BSが作成できていないと、被相続人が亡くなった際に、

 

1.遺産がどれかわからない

2.預金口座からの出金、有価証券の売却、不動産の名義変えの手間が膨大

3.当然、遺言書は存在しない(遺産分割協議書のため、全員の同意が必要)

4.相続税の計算がすごく面倒

 

となります。残された家族が、遺産を相続するまでに数ヶ月から半年くらい、手続きに忙殺されます。亡くなった方のことを偲ぶ時間もままなりません。

 

バランスシートの作成は非常に簡単です。以下の項目を1万円単位で把握します。

 

<資産>

・現金 ・有価証券(株) ・不動産 ・債券

 

<負債>

・ローン、奨学金など

 

<純資産>

資産 ― 負債

 

一度作成すれば、翌年以降更新は非常に簡単です。家族のためにもBSを作成しましょう!

 

↑このページのトップヘ