柳澤博公式ブログ|プロの投資コンサルタント

富裕層向けの資格である、日本証券アナリスト協会認定の「プライベートバンキング・コーディネーター」を持ち、世界三大投資家であるジム・ロジャーズ氏とも対談した投資を教えるプロが、資産運用の基本から、世界の金融商品の説明、アドバイスを行います。お金の心配がなくなるお手伝いができればと思います。

タグ:投資

『LINEオープンチャット』

「正しく増やす! 1万円からできるインデックス投資」

 

Q1〜Q43はこちらをご覧ください。

Q 63S&P500のレバレッジ3ETFSPXLは手数料も少なく値幅も取れるので投資先として有りかと思いますが如何でしょうか。

 

Q62.この会社の友の会に入っていますが、大丈夫でしょうか?

 

A61.現金では損をする3番目の理由

 

A 60.現金だけだと損をする2番目の理由、人口減社会についてご説明します。

 

Q59.自営業として独立したばかりで時間が全くと言っていいほど取れません。

 

Q58.先日、確定拠出年金に加入しました。選んだ商品が適切かどうか不安になり一度ご相談にしたく投稿させていただきました。

 

Q 57.お子さまの貯金を、口座を作って投資に入れたい場合は何歳くらいから等、決めていることはあるのでしょうか?

 

A 56.現金(円)だけでは損をする

 

Q55.投資信託は一括購入には向いてないのでしょうか? ETFについても学んでみようと考えています。国内、海外とありますね。海外の方が利回り良さげでしょうか?

 

Q 54.以前、S&P500よりインドインデックスの方がパフォーマンスが良いと話が出たかと思いますが、このインデックスとは①BSE SENSEXでしょうか? それとも②CNX Niftyでしょうか?

 

Q 53.夫婦+0歳児の3人家族です。

 

Q 52.会社員の不動産を活用した控除(旅費を経費計上)とは、どういった不動産なのかお聞きしたいのですが。

 

Q51.柳澤さんとお会いする前からお世話になっているIFAの方がいまして、いくつか投資信託商品を積立でやっています。

 

Q50.「ニッセイワールドスポーツファンドメダリスト」「大和 iFreeActive ゲーム&Eスポーツ」の2つの投資信託を1月中旬に購入しました。

 

Q49.当方は、年齢32歳、年収630万、資産:現金で2000万、持ち家有、家族構成は妻、これから産まれる子1

 

Q 48. インド株インデックスの積立を始めたいのですが、日本で買えて手数料が安いのは調べた限り、iTrustインド株式(ピクテ投信投資顧問)でした。

 

Q47.投資のピラミッドについて質問があります。

 

Q46.サラリーマンで年末調整しててもさらに確定申告していくらか還付されてお得になるケースありますか?

 

Q45.投資信託「SBI・バンガード・S&P500」とETFVOO」、この二つで迷いました。

 

Q44.インデックス運用を調べてくうちに、「グローバル33分法ファンド」というファンドがでてきてメリットばかりありデメリットがあまり書いてない記事が目立ちます。

Q.資本を産み出す「資産」を3つ選んでください。

 

A.株、不動産、債券

 

FXは資産ではありません。ただの交換ツールで、安い時に買って、高い時に売るタイミングを狙う「投機」に過ぎません。

 

では、なぜ、「株・不動産・債券」が資本を産み出す「資産」なのか?

詳しくは、こちらで解説しています。

 

「資産とは?」

 

ポイントは、「人」が働いて、「利益」をあげること。これを「価値」と言い、

 

・株:配当

・不動産:家賃

・債券:利息

 

になります。

 

株を保有していれば、毎年「配当」があります。これが資本を産み出すものです。

 

金は、2個に増えたり、資本を生み出しません。ただの商品で、「価値」はありません。

あるのは、「価格」だけです。

 

この「価値」と「価格」の違いが分かることが、「投資家」への第一歩です。

Q.世界は良い方向に向かっている!

 

A1.そんなはずはない:4

A2.その通り!:13

 

こちらは、正解は、「その通り!」になります。昨日ご紹介した、世界株インデックスの30年間の平均利回りは「8.9%」です。つまり、世界経済は、30年間右肩上がりに成長しているのです。経済が発展していれば、全てが少しずつ良い方向に向かっていることがわかると思います。

 

MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス (ACWI)

 

では、なぜ、世界は良い方向に向かっているのでしょうか?

資産運用の考え方で、予測はしない、前提で考えるというものがあります。

詳しくはここに書いてある通りです。

 

「前提投資」

 

・地球がある前提

・人がいる前提

・赤ちゃんが生まれる前提

・人は衣食住をする前提

・経済活動をすると利益が生まれる前提

・利益が増えると株があがる前提

 

つまり、地球があり、人が増え続け、利益が増え続ければ、株は上がり続ける

 

ここで1冊本の紹介をしたいと思います。

 

FACTFULNESS 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣」

 

この本を読むと、今の世界と、自分の頭の世界(かなり昔の情報)がかけ離れている(遅れている)のかがよく分かります。

 

リーマンショックがあっても、今回のコロナウィルスがあっても、

 

・人口は増え続ける

・利益も増え続ける

 

ので、

 

・世界の株は、ずっと右肩上がり

 

です。

時間をかければ、資産運用は非常に簡単です( ^ ^ )

MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス


ドルコスト平均法をご存知でしょうか? 毎月同じ金額で買い続ける投資手法ですが、リーマンショックの時こそ、真価を発揮しました。下がり続けている時も、コツコツ毎月買い続けると、6年かけて元に通り、さらに上昇し続けているので、一括投資よりも、圧倒的なコストパフォーマンスを得られているのが、直感でわかると思います。

 

ただ、実際は、下がり始めると、不安になってやめてしまう方がほとんどです。あるセミナーで利回りの良いカテゴリーの属性は、

 

1位:亡くなった方

2位:運用を忘れている方

 

というデータがありました。

 

・世界は良い方向に向かっている

 

ということを正しく理解すると、資産運用は簡単です( ^ ^ )

Q30年間の平均利回りが、7%以上の金融商品があり、それは個人でも購入できることを

 

A1.知っている:16

A2.知らない:10

 

こちらは、ご存知の方が多くて良かったです。日本で、日本円だけで生活していると、0.001%の超低金利が当たり前に感じてしまいますが、世界に目を向けると、普通に

 

・利回り7

 

は実現可能です。100万円お持ちであれば、毎年7万円の利回りが実現されます。お金にも働いてもらうことで、さらにお金が増えることを実感してもらえればと思います。

 

さらに、複利で運用すると、20年を超えると加速度的にお金が増えてきます。

さて、答えは、こちらのファンドを30年間購入し続ければ良いのです。

 

MSCI オール・カントリー・ワールド (ACWI) 除く日本」

https://myindex.jp/data_i.php?q=MS1026USD

 

1万円を8.9%30年間運用すると、元本360万円が1,680万円と約4.6倍になります。ただ、このファンドは、ドル建てのアメリカの金融商品なので、日本人が円で購入するには、このファンドに連動した投資信託を購入すれば良いと思います。

 

「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」

 

ただ、こちらの投資信託の信託報酬は「0.1144%」なので、実質利回りは、

 

8.8%

 

に下がります。

まぁ、それでもそこまで運用成績は変わりませんから、まずは、

 

・世界に目を向ければ利回り7%以上は「普通に」ある

 

ということを理解していただければと思います。知らないというのは、

 

・損

 

ですよ( ^ ^ )

これを「機会損失」と言います。知識がないと差がつきます。

 

ちなみに、世界株インデックスよりも30年間の利回りが高い金融商品があることはご存知でしょうか?

 

*注意:30年間の「平均」なので、1年、2年ではマイナスの時もあります。しかし、「平均」なので、30年間継続して購入し続けると、7%以上の利回りが実現できます。


世界株インデックス

Q .予測を絶対外さない方法は

 

A1.ある:7

A2.ない:19

 

正解は、「ある」で、その方法は、

 

・予測をしない

 

です。そんなのずるい! と思うかもしれませんが、この問題の本質は、

 

・ない

 

と答えた方は、残念ながら、

 

『投資に向いていない』

 

または、

 

『本質を理解していない』

 

と断言しても良いと思います(お、怒らないでくださいね)。

 

なぜ、そう言い切れるのか?

投資仲間に、60万円を7年で3億にした人がいます。彼は、2倍株(利回り100%)を毎年買い続け、資産を毎年2倍以上(特には2.5倍以上)増やし続けて、7年で億万長者になりました。

 

彼は、予測はしません。

 

・安い時に買って、高い時に売る

 

なんて、予測(運)の要素は一切ありません。その企業の株を購入する前に、有価証券報告書はもちろん、それ以外にも自分だけが知っている情報を収集します。その企業のIR室にも探りの電話をし、現場にも赴き、全ての事業内容を細かく分析し、集められる情報は全て集め、他の投資家が知らない、自分だけが知っている情報がどのくらいあるかを徹底的にリサーチします。

 

そして、株を購入する前に、すでに

 

・売買の方法

 

を事細かに決めており、一度その企業の株を買ってからは、一切

 

・自分の判断

 

は致しません。全てを織り込み済みにし、そのシナリオ通りに売り買いを機械的に行います。つまり、

 

・買う時(入口戦略)

 

には、すでに

 

・売る時(出口戦略)

 

が決まっており、一度購入した後は、そのシナリオ通りに売却をするだけです。そこには、自分の感情は一切ありません。淡々と、事務的に売買をするだけです。

 

よく、豊臣秀吉は、戦さをする前に、すでにその戦さに勝っている戦略を取っていたと言われていますが、彼も同じです。買う前にどのくらいの情報を集めることができたのか、織り込むことができたかが、全てです。

 

これは(こうあってほしいという)予測ではなく、(この事実と数字を考えた場合、こうなるのが)前提であるという確信です。

 

・予測

 

ではなく、

 

・前提

 

になる事実と数字をどのくらい集めることができるのか、分析できるのか? 

個別株が、猛勉強すれば必ずリターンを得られる所以です。

株は偶然ではなく、必然なのです。

 

それがわからずに、購入した企業の

 

・株価

 

が上がった、下がったと一喜一憂するのは論外です。

彼は、上がった場合は、こうする、下がった場合は、ここまで下がったら損切りすると全て決めています。

 

そのルールに従って売買するだけです。このルールを破った時、彼もそうした時期があったそうですが、

 

100%負ける

 

そうです。予測ではなく、前提になる事実と数字をどのくらい知っているかどうか。それを1文字で表現すると、

 

・価値

 

になり、その計算方法を

 

・期待値

 

と言います。彼は、期待値がプラスの株にしか投資をしません。だから、7年間も勝ち続けることができたのです。

 

今回のアンケートで、予測を絶対外さない方法は

 

・ない

 

を選んだ方は、すぐには難しいとは思いますが、

 

・予測自体しない

 

ということを意識づけていただければと思います。

 

安い時に買って、高い時に売ろうとしないで(予測なんて誰もできないですし)、事前に期待値の計算と、価値を調べ上げるということを徹底しましょう。そうすれば、投資で

 

・損

 

をすることはなくなります。予測ではなく、前提が資産運用の考え方の基本です( ^ ^ )

 

100円の価値のある企業の株を、50円で購入する。そうすると、1年後には2倍の100円になります。最初にどのくらい脳に汗をかいたのが、最重要ポイントです。株価は価値に収斂します。

↑このページのトップヘ