柳澤博公式ブログ|プロの投資コンサルタント

富裕層向けの資格である、日本証券アナリスト協会認定の「プライベートバンキング・コーディネーター」を持ち、世界三大投資家であるジム・ロジャーズ氏とも対談した投資を教えるプロが、資産運用の基本から、世界の金融商品の説明、アドバイスを行います。お金の心配がなくなるお手伝いができればと思います。

タグ:手数料

お疲れ様です( ^ ^ )。
第2回は、「保険ではお金は増えない」です。

よく、保険でお金を増やす、貯蓄型の生命保険が話題になります。
結論からいうと、

「保険ではお金は増えない」

です。
なぜかというと、

「手数料」を取られるから

です。

どういうことかというと、基本的に生命保険は以下の3タイプあります。

・定期保険(60歳まで)
・終身保険(一生)
・養老保険(貯蓄型)

下に従って、保険料が高くなります。

そして、保険料の算出法は、以下の3つになります。

①予定死亡率(死ぬ確率)
②予定利率(貯蓄部分)
③予定事業費率(手数料)

『純保険』:予定死亡率+予定利率(純粋な保険部分)
『付加保険』:予定事業費率(それ以外の手数料)

では、純保険と付加保険の割合は?
公表している保険会社はないため、自分で渡されたシミュレーションを元に計算すると、手数料を引いた、「実際に振り込まれる」保険料は、大体聞いている「半分程度」になります。


つまり、

純保険:付加保険=50:50

の割合になり、半分が「手数料」になり、保険ではお金が増えない最大の理由になります。

そして、貯蓄型保険はほとんど「国債」で運用しているため、自分で直接国債を購入するのに比べて、手数料を半分引かれた「利回り」しか獲得できません。

お金を増やしたいならば、保険を介さず、直接国債を購入した方が手数料もない分、お金は増えます。

さらに、資産をもっと増やしたいならば、「債券」よりも利回りの高い「株」で運用した方が、資産は増えます。

金融庁も、保険は保険、資産運用は資産運用と分けて考えるように、指導しています。
保険は保険、万が一に備えるにしても、必要最小限の「掛け捨て」保険で十分です( ^ ^ )。


保険料

お疲れ様です( ^ ^ )

 

9回は、「デメリット」についてです。

具体的な金融商品に興味がある方は、個別にご連絡ください。

 

デメリットは、2つあり、

 

1.手数料が高い

2.為替リスクがある

 

になります。

 

手数料は、20年以上運用して、毎年2%くらいです。

SBI証券や楽天証券で、自分で購入した方が手数料は安くなります。

 

しかし、日本のネット証券では、

 

・天引効果

・ドルコスト平均法

 

は可能ですが、

 

・運用先(インド全体株も可)

・リバランス(それが非課税に)

・満期設定(NISAiDeCoの仕組みを60歳まで制限されない)

 

ということは不可能で、トータルで見た「実質利回り」を計算すると、ネット証券で、SP500だけ購入した場合は、8%くらいは実現できますが、アメリカの金融機関を利用することで、10%の利回りが確保できます。インドが想定よりも成長し、アメリカが想定より成長しない場合、その差はさらに広がります。

 

そう考えると、手数料の2%はトータルで見ると、そこまで高くないと思います。

優れた仕組みと運用先でカバーできます。

 

目先の安さに惑わされず、本質的な価値を見出しましょう( ^ ^ )

↑このページのトップヘ