ソフトバンクG、ムーディーズの格付け取り下げ 「基準を逸脱」

 

ソフトバンクグループ(SBG)は25日、ムーディーズから取得していた発行体および外貨建て債券の格付けを取り下げると発表した。ムーディーズがSBGの財務方針に関する懸念から2段階の格下げを行ったことに対して「基準を大きく逸脱したと思われる格付け評価は投資家に誤解を生じさせ、財務改善に取り組む発行体を大きく混乱させる」と批判している。

 

ムーディーズ・ジャパンは25日、ソフトバンクグループの格付けを「Ba1」から「Ba3」に2段階格下げし、さらに格下げ方向で見直すと発表していた。

 

SBGは23日、自社株式取得と負債削減のため、最大4.5兆円の保有資産の売却もしくは資金化を行うと発表。最大2兆円で自社株取得を行い、残りを負債の償還や社債の買い入れなどに充当するとしていた。

 

(柳澤のコメント)

ムーディーズの「Ba」は「投機的と判断され、相当の信用リスクがある債務に対する格付」になり、

 

投資不適格

 

になっています。「Ba1」も「Ba3」も同じ「Ba」です。ただ、下がって良いものではないですし、Ba3の下は「B1」になり、「投機的とみなされ、信用リスクが高いと判断される債務に対する格付」となり、完全に投資ではなく、「投機」認定なので、避けたいところだと思います。利回りも当然高くなるので、返済が大変になります。

 

しかし、だからと言って、取り下げるというのは大人気ないですね。ますます信用を失います。今まで何度も修羅場をくぐり抜けてきたので、今回の危機も華麗に切り抜けられるかどうか。孫正義の手腕が問われます。