「私立の学習費 過去最高に」

 

私立の幼稚園や学校に通う子どもの学習費が増えている。文部科学省が2018年度に全国の幼稚園から高校までの子どもとその保護者24748人を対象に調査したところ、幼稚園から高校まで全て私立に通った場合の学習費の総額は過去最高の1830万円だった。1年間の子ども1人あたりの学習費を年代別にみると、最も上昇率が大きかったのは私立幼稚園で、52万円と16年度の前回調査から9%増えた。


2.25(私立の学費)

 

小・中学校は公立が横ばい圏で推移しているのに対し、私立は授業料の引き上げで費用が増えている。

 

今後の調査では幼児教育や私立高校授業料の無償化の影響が注目点になりそうだ。

 

(柳澤のコメント)

公立よりも私立の方がお金はかかりますが、その分手厚いサポートがあり、質の高い教育を子供に授けることも可能です。

 

ただ、問題は、子供がそれを望んでいるかどうかです。

お金をかければ学力が上がる、のではなく、選択肢が広がるというのが正しいです。

 

子供のことを本気で考えるのであれば、もちろん、選択肢を広げるためにも、手段としてのお金、つまり私立という選択肢はありますが、必ずしも私立に行かなければならないこともありません。

 

子供が何に興味を持って、どうしたいのか。

そのサポートがどうできるのか?

 

私個人は2人の子供の父親ですが、私立公立の希望はありません。少なくても高校までは、本人のやる気次第なので、公立でも十分かなと思っています。それよりも本人の興味関心に興味があります。