Q51.柳澤さんとお会いする前からお世話になっているIFAの方がいまして、いくつか投資信託商品を積立でやっています。ただ今見ると手数料が結構高いようなので続けた方がいいのか一旦やめるべきかどうか悩んでいます。

 

近々結婚もするのでそのタイミングでその方とあって今後の資産運用をどうするべきか話してみようと思っていたのですが、その時にその人を今後も信用するに足りる人かどうか見極めるのにいい質問はありますでしょうか?

 

手数料については自分からも聞いてみますが、他に核心や本質をつけるような鋭い質問をしてみて、その回答内容次第でそのIFAとのお付き合いを見直すか検討したいです。よろしくお願い致します。(キリトさん)

 

A51IFAの方が、S&P500以外をススメてくる場合は、それだけでちょっとどうかなと思います。10年以上の長期で見た場合、

 

・9割のアクティブファンド(ファンドマネージャーが運用する手数料の高いファンド)

 

は、インデックスファンドに負けます。つまり、S&P500より利回りが低いのです。高い手数料も問題の一つです(運用先がダメな場合もありますが)。

 

また、

 

・毎月分配型

 

の投資信託をもし勧めてきたら、悪意を感じます。複利効果を知らないか、知っていて手数料のために、劣悪な投資信託を紹介しているのかのどっちかです。どっちもダメです。

 

今対応されているIFAの方に恨まれない程度に質問をしていただければと思いますが、リストをアップしておきますね。

何点か聞いてみると良いと思います。

 

「株価は何×何で形成されていますか?」

「株価の適正価値とは?」

「金利と株と債券の関係は?」

「投資信託の見極め方は?」

「今後の世界情勢は?」

「金融ショックはいつ来ますか?」

 

上記の質問を2つして、回答に口ごもった場合は、勉強不足です。

でも、嫌な顔をすると思いますので、あまりおススメはいたしませんが(^^)

 

ちなみに、私も含めて、

 

・誰も信じない

 

ということは忘れないでください。

専門家だからちゃんとしているとは思わないことです。

そもそも専門家かさえわからないのですから。

 

・投資のことは、投資家に相談する

 

そのためにも、自分自身が投資の基本をしっかり理解することが必要です(^^)

私からは、そのIFAの方に、

 

「資産とは何ですか?」

 

と聞いてもらえればと思います。もし、金とかFX、仮想通貨をあげてきたら、やはり投資の本質を分かっていないなぁとがっかりします。個人投資家にとっての資産は、

 

・株(配当)

・債券(利息)

・不動産(家賃)

 

の3つしかなく、資産とは、資本を産み出すもので、この3つとも、( )の中に入っている

 

・価値

 

を産み出しています。金、FX、仮想通貨は価値を産み出していません。

それプラス、

 

・手数料

 

のことをどう考えているかですね。手数料が高いと、利回りは下がります。お客さんのことを考えたら、できるだけ手数料の低いものを勧めるべきです。

 

ということで、

 

1.資産とは何ですか?

2.実質利回り(ネット)をご存知ですか?

 

と質問すると、そこまで感じ悪くならないかなと思います。

実質利回りとは、

 

表面利回り(パンフなどで提示される利回り) - 手数料

 

です。IFAの方でこの実質利回りを知らない人はいないと思いますが、いたらそれはかなりヤバいです。

 

知っている場合でも、実質利回りのことを教えてくれるIFAは少ないと思います。自分のマージンを暴露するようなものなので。