Q45.投資信託「SBI・バンガード・S&P500」とETF「VOO」、この二つで迷いました。
前者は円で運用でき課税についてもVOOよりも節約できると記載されてました。
しかし柳澤様の推奨はドル建てとのことです。仮に20年間資産運用の為に500万円を一括で購入する場合どちらがお勧めですか?(VOO配当金は手動で再投資するつもりです)(松風さん)

A45.今回一括投資で500万円とありますが、このどちらかで投資をする前に、松風さんの

・年齢
・年収(損益計算書:PL)
・資産状況(バランスシート:BS)
・家族関係

をお聞きした上でのアドバイスになります。
なぜならば、500万円の一括投資をしても良いのかどうかが、判断できません。

先に結論を述べると、

・どちらでもよいと思います。

になります。責任が取れないので、個別の金融商品についてはアドバイスできないからです。

さて、私がアドバイスするときは、何のためにこの500万円を運用したいのかをお聞きします。お金はあくまでも「手段」にすぎず、目的が何なのかで、取るべきリスクが変わってきます。

資産運用は、基本的に、

・事実
・数字

を元に判断するもので、偶然ではなく、全て「数字」に落とし込みます。
逆に、数字化できない「主観」の割合が多いと大体失敗します。

そして、資産運用の公式は、

資金 × 利回り × 年数 × 知識

です。松風さんが、何のために、いつまでに、どのくらいの資金が必要かで、投資手法が変わってきます。

私がお手伝いできるのは、上記公式の中では

・利回りの最大化

しかできないので、20年間で500万円を最大の利回りで増やすということであれば、

・一括でS&P500

というのは、ちょっと利回りが小さいかなと思います。少なくても私はしません。
私でしたら2028年までは途上国の不動産への投資で資産を増やします。

500万円でしたら、10年後に10倍の5,000万円にすることも十分可能です。
とはいえ、海外の不動産は不安でしょうから、ご相談通りにS&P500の一括投資をした場合を考えます。

・運用先
・手数料

で考えると、運用先は、S&P500で同じですから、手数料が決め手になります。

・SBI・バンガード・S&P500:年0.09264%※(税込)程度
・VOO:0.03%

手数料だけを考えれば、VOO一択になります。なぜならば、この「SBI・バンガード・S&P500」は交付目論見書を見れば分かりますが、EFTを購入しているからです。

「交付目論見書」
https://search.sbisec.co.jp/v2/popwin/info/connect/fund/8931119900000001.pdf

2ページ目の特色2にもありますように、

バンガードが運用を行う「バンガードⓇ・S&P500 ETF」を実質的な主要投資対象とします。

とあります。要するに、「VOO(バンガードⓇ・S&P500 ETF)」を購入しているので、手数料的には、

・SBI
・バンガード(VOO)

の両方に手数料を払うので、高くなります。これならば、直接VOOを購入したほうが手数料は当然安いです。

但し、VOOはアメリカに上場しているETF(上場投資信託)なので、ドル建てということで、

・為替リスク

があります。ただ、松風さんは20年間という長期で運用を考えているので、円安になる可能性が高いのです。資産の一部(松風さんにとっての500万円が資産の中でどのくらいの割合を占めるかにもよりますが)をドルで保有するのは、リスクの分散には良いとは思います。

為替リスクよりも円リスクの方が20年後は問題になってきます。

「為替リスク」
http://asset-support.blog.jp/archives/4702103.html

最後に、個人的には、松風さんのこの500万円の一括投資には反対です。S&P500というよりも、

・個人で運用する

ということを心配しております。予言するわけではありませんが、10年以内に何らかの

・金融ショック

が起こる可能性があります。

1970年代:オイルショック
1980年年:プラザ合意(急激な円高)
1990年代:アジア金融危機、日本バブル崩壊
2000年代:ITバブル、リーマンショック

と来ている中で、2010年代には、大きな金融危機が起こらず、10年以上経過しています。必ず金融危機が起こるわけではありませんが、ゆがみは生じ、蓄積されます。

その場合、仮にマイナス20%の下落があった場合、500万円が400万円まで一時的にしろ下げる場合は十分にあります。

一括投資は、右肩上がりの場合には上げ幅が大きいですが、一時的な急落があった場合、その下げ幅も大きくなります。

積立のドルコスト平均法であれば、下落局面でもしっかり利益を積み増すことができますが、一括投資にはそれができません。

松風さんが一括投資をして、すぐに、金融ショックがあった場合に、その下げ幅に耐えられるかが心配です。

このオープンチャットで気にしないで下さいといったところで、気になると思います。また、2000年から2010年の10年間のS&P500は、ITバブルとリーマンショックの影響で、マイナス運用でした。一括投資をしていた場合、10年間も一向に上がらないのに、耐えられるかどうか?

ですので、個人的には、一括投資を20年間確実に継続できるのであればお止めしませんが、アドバイザーなしでの運用は、何かあった場合に冷静さを欠くので、おススメ出来ないというのが本音です。


S&P500