・自己資本なしに「1,000万円」の現金を手に入れる方法

 

をお伝えします。

が、注意点があります。というか、前提条件があります。

 

・正社員3年以上

・年収500万円以上

 

の2つの条件を満たした人限定のオマケの資産運用です。

条件に当てはまらない方は、国内不動産投資の知識としてお楽しみいただければと思います。

 

上記2点に当てはまる方は、金融機関(銀行など)から信用を得ることができ、

 

融資枠

 

をもらえます(職業、勤務先により異なります。大企業、公務員は融資枠が大きいです)。

 

この融資枠を元に、ローンを組み、新築、または中古の東京都内の駅近10分以内の好立地の投資用不動産(1ルーム)を購入します(専門用語で「区分」と言います)。

 

そうすると、35年という時間は必要になりますが、その間、ローンはそこに住んでいる人が、あなたの代わりに「家賃」として支払ってくれます。

 

あなたは、1円も支払わずに、35年後にローンを完済されたマンションを手に入れることができます。

 

現在築45年くらいの1ルームの値段は、「1,000万円」くらいで売却できます。

これが、

 

自己資本なしに「1,000万円」の現金を手に入れる方法

 

になります。自分が持っている「融資枠」を35年の年月をかけて、「現金化」するオマケの資産運用です。

 

このメリットは、

 

・生命保険に入る必要がなくなる(ローン契約の際に、団体信用生命保険に強制加入させられるので、万が一なくなった場合は、ローンが完済され、残された家族に残債0円のマンションが残るので、売却すれば数千万円の現金が手に入ります)

 

35年後に売却すれば1,000万円、そのまま賃貸を続ければ、家賃が年金がわりに

 

・インフレになった場合、家賃も上がるので、インフレ対策にも効果的(現金や生命保険はインフレには非常に弱い)

 

です。

デメリットは、

 

・条件がやや厳しくなりつつある(かぼちゃの馬車事件などの影響)

35年と期間が長い(なので、オマケです)

・仲介の不動産会社に騙されやすい(立地が悪い、価格が高い)

 

でしょうか?

もし、条件に当てはまって、興味がある場合は、ご相談にのることは可能です( ^ ^ )

不動産の「価値」は「家賃」です。それは

 

・立地

・価格

 

の2つが全てですので、しっかり吟味しないといけません。

また、よく、不動産で不労所得! とうたっている場合がありますが、基本的に投資用不動産で、ローンの返済と家賃の差額で儲けようとしないことです。

 

競争が激しいので、プロに負けてしまうからです。

仲介会社の話を「信じない」で、必ず、自分でしっかり調べてくださいね。

 

・事実

・数字

 

が大切です。