「期待値」の説明です。

 

期待値とは、1回の試行で得られる値の平均値のことで、得られうるすべての値とそれが起こる確率の積を足し合わせたものです。

 

例えば、宝くじの「期待値」はいくらかご存知でしょうか?

 

50

 

です。100円投資(購入)をして、得られるリターンは「50円」です。

なぜならば、宝くじは購入した瞬間に、「手数料」として50円引かれているからです。

 

例えば、1,000兆円でジャンボ宝くじを買い占めることができるとして、その配当金は、半分の「500兆円」です。半分手数料で引いた、残り半分を配当しているからです。

 

1回目で1億円が当たるというラッキーがなければ、100回、1,000回、10,000万回と買い続けると、平均になるので、手数料を引いた半分の「50円」しか得られません。

 

つまり、宝くじの期待値は「50」になり、宝くじではお金は増えないことになります。

余談ですが、保険の期待値は「5080」です。なぜかはお分かりですよね?

ヒントは手数料です。

 

では、期待値が100を超えるものはないか?

ですが、あります。株、債券、不動産です。

100年の平均で、

 

株:107

債券:104

不動産:104

 

です。手数料を引いても、右肩上がりで増えています。

理由は長くなるので、割愛しますが、こちらで説明しています。

http://asset-support.blog.jp/archives/4577918.html