100年前からずっと変わらない投資詐欺の手法についてお話ししたいと思います。

 

その名は、「ポンジー・スキーム」です。

 

この名前を知らない人は、もしかしたら、投資詐欺に引っかかってしまう可能性大です。

何事も知らないと騙されやすいです。

 

このポンジー・スキームを考案したのが、1919年アメリカ人の「チャールズ・ポンジー」です。今年は記念すべき100周年です。

 

ポンジー・スキームを端的にいうと、

 

・運用しないで

・預かったお金を

・ただ返すだけ

 

というものです。

そして、途中で預かったお金を持って

 

・ドロン

 

します。

典型的な詐欺手法です。

人間100年経っても騙され続けているのです。

 

詳しくは、現在ブログで執筆中です。

もし、よろしければ、ご覧いただければと思います。

 

「怪しい投資話の見分け方」