お疲れ様です( ^ ^ )

第6回は「財産の確定」です。

 

具体的にいうと、バランスシート(BS)を年に1回作成し、家族で共有することです。

バランスシート(貸借対照表)は、企業が1年に1回作成しなければならない、財務諸表の1つです。

 

これを家計でも作成します。その効果は以下の通り。

 

1.家族の資産を全員が把握できる

2.誰に何を相続したいか、数字で可視化できる

3.遺言書の作成ができる

4.相続税の計算ができる

 

逆に、BSが作成できていないと、被相続人が亡くなった際に、

 

1.遺産がどれかわからない

2.預金口座からの出金、有価証券の売却、不動産の名義変えの手間が膨大

3.当然、遺言書は存在しない(遺産分割協議書のため、全員の同意が必要)

4.相続税の計算がすごく面倒

 

となります。残された家族が、遺産を相続するまでに数ヶ月から半年くらい、手続きに忙殺されます。亡くなった方のことを偲ぶ時間もままなりません。

 

バランスシートの作成は非常に簡単です。以下の項目を1万円単位で把握します。

 

<資産>

・現金 ・有価証券(株) ・不動産 ・債券

 

<負債>

・ローン、奨学金など

 

<純資産>

資産 ― 負債

 

一度作成すれば、翌年以降更新は非常に簡単です。家族のためにもBSを作成しましょう!