お疲れ様です( ^ ^ )

5回は、「ポンジー・スキームの末路」です。

 

ポンジー・スキームを端的に述べると、

 

・資金は運用されていない

・預かったお金をそのまま「配当金」と言って返しているだけ

・新たに集めたお金も最初からの人に「配当金」と言って渡す

・返さなければならないお金が、集まるお金よりも多くなった場合に、破綻する

・一般的には、破綻する前に資金を持ち逃げする

 

になります。

 

ポイントは、『運用していない』につきます。

なので、ただ、預かったお金を「配当金」と言って戻しているだけです。

 

大体、2年から3年で破綻します。

もちろん、無くなる前に集めたお金を、持ち逃げします( ^ ^ )

 

最初期から始めている人だけ儲かりそうですが、実は、資金を追加投入している可能性が高いので、より大変なことになっている人が多いようです。

 

なぜ、こんなものに騙されてしまうのか?

 

・楽して儲けたいと思うから(この案件が本物であってほしいと思うから)

・良い人からの紹介だから

 

大体この2つなのですが、両方とも、

 

・事実

・数字

 

という客観的な判断基準ではなく、こうあってほしいという願望と、良い人という主観を信じてしまうからです。

 

では、騙されないためにも、どうすれば良いかを次回からお話ししたいと思います。