お疲れ様です( ^ ^ )

2回は「3つの視点」です。

 

怪しい投資話にだまされないコツは、

 

・誰も信じない

 

です。

楽して儲けようと思うと、どうしても、他人の力をアテにします。

悪い例えですが、替え玉受験をイメージすればわかりやすいと思います。

ズルしても、良いことはありません。

 

・自分の頭で考える

 

そのために、学ぶことが重要になります。

だまされないためにも、

 

・事実

・数字

 

を確認します。

 

怪しい投資話は、実は直感で「怪しい」とわかっています。

でも、「そうあってほしい」という願望が強まり、楽した結果信じてしまいます。

 

投資は、「頭脳労働」をイメージすると良いと思います。

脳に汗をかく。

 

そのための、

 

・経済(歴史)

・金融(仕組み)

・資産運用(実践)

 

です。

いきなり、実践するから、だまされてしまうのです。