お疲れ様です( ^ ^ )

第8回です。

 

資産運用の公式は、

 

資金 × 利回り × 年数 × 知識 = 膨大な資産

 

と書きましたが、私がお役に立てるのは、

 

・利回り

 

のところだけです。

*利回りとは、投資して、何%リターンがあるかの割合です

*この利回りを最大化するお手伝いに特化しております。それ以外はできません。

 

資金はしっかり働き、保険を見直し、節約をする。

年数は健康に気をつけ、出来るだけ長く続ける。

知識がないと、せっかくの資産がなくなる可能性もあります。

 

ここで、具体的な数字をご紹介します。これは、ただの数学的事実です。

 

毎月1万円 × 10% × 30年 = 2,000万円(元本360万円)

 

1万円でも毎月コツコツ複利10%で30年間運用すれば、元本360万円が5.5倍の2,000万円になります。

 

ちなみに、複利の効果は大きく、仮に1万円を10%で「10年」の場合は、元本120万円に対して、200万円と1.6倍しか増えません。30年の5.5倍と比べて、大幅に違います。

 

年数は出来るだけ長く、そして、利回りは最低でも10%を目標に。

さらに、かなり頑張って毎月5万円を10%で運用し、30年間継続できれば1億円です( ^ ^ )

利回り10%は高い気がするかもしれませんが、日本も1980年台は、郵便局の定期貯金で、

・7%

という高金利もありました。過去の日本であったことは、世界を見渡すと、実は現在も十分可能だったりします。

利回り10%は後ほど詳しくご説明します( ^ ^ )。