お疲れ様です( ^ ^ )

第6回は、「人口減少(経済力の低下)」についてです。

現在の日本人は、1日あたり、

 

2,367人誕生し、

3,769人亡くなっています

 

つまり、毎日

 

・1,409人

 

人口が減っており、1年では、

 

514,285

 

減る計算になります。

 

では、この人口が減ることの何が問題か、です。

日本が高度経済成長を遂げたのは、日本人が勤勉だったからと思っているでしょうか? もちろん、教育は重要です。しかし、それ以上に重要なのが、人口です。

 

高度経済成長期の日本は、人口が増え続けていました。

人が増えれば、衣食住の消費も増え、経済も成長します。

食べて、着て、家も増える。

食品メーカー、衣料品メーカー、住宅メーカー共に繁栄します。

 

人口が減ってきたら?

経済成長力も減ります。

 

では、どうすればいいのでしょうか?

日本が成長しないのであれば、成長する国(人口が増えている国)に投資をすれば良いのです( ^ ^ )

ということで、次回から、具体的な資産運用の話をしたいと思います。


人口減少(第6回)