柳澤博公式ブログ|プロの投資コンサルタント

富裕層向けの資格である、日本証券アナリスト協会認定の「プライベートバンキング・コーディネーター」を持ち、世界三大投資家であるジム・ロジャーズ氏とも対談した投資を教えるプロが、資産運用の基本から、世界の金融商品の説明、アドバイスを行います。お金の心配がなくなるお手伝いができればと思います。

2019年12月

お疲れ様です( ^ ^ )

第7回は「遺言書の作成」です。

 

遺言書を作成するメリットは、以下の通りです。

 

1.被相続人(亡くなる方)の意思を示せる

2.遺産分割協議をする必要がなくなる

3.預金口座の出金、有価証券の売却、不動産の名義変更がスムーズに

4.自分の人生を振り返れる

5.家族と自分の死後の話ができる

 

自分は死なないと頑なに思う方がいますが、誰しも必ず死にます。遺言書がないと、本当に残された家族が大変です。そして、時間もかかります。遺言書があると、手続きがスムーズです。残された家族のために、遺言状を残すのは、優しさだと思います。

 

遺言状作成の注意事項としては、書き方を間違えると無効になることです(無効になった場合、遺産分割協議書の作成が必要で、めんどくさくなります)。

 

遺言書の種類は、3つ。

 

・自筆証書遺言

・公正証書遺言

・秘密証書遺言」

 

それぞれ作成にルールがありますが、自筆証書遺言は、「自筆」「日付」が必要になります。

不安な方は、弁護士に相談すると良いと思います。

 

大切なことは、

 

・相続人を確定させ

・財産も確定させ

・家族と普段から家族(今後)の話をすること

 

です。普段からの会話量が、そのまま相続の時の対応になります。

何事も準備が大切です。

インドGDP29年に日本超え

 

日本経済研究センターはアジア・太平洋地域の15カ国・地域の主要81都市を対象に2035年までの経済成長の見通しをまとめた。現状では日本の半分程度のインドの名目国内総生産(GDP)が29年時点で日本を追い越し、経済規模で日本を上回る世界3位の大国になると予測した。35年のインドGDP10兆ドル(約1000兆円)規模に達する。

 

インドの高成長のけん引役として期待されるのが大都市の人口増だ。

35年の都市別人口の上位10都市では、ムンバイが4位、デリーが5位とそれぞれ15年から4割以上増え、順位を上げた。

 

(柳澤のコメント)

国家の経済力を図る指標に、GDP(国内総生産)があります。単純化すると、

 

年収 × 人口

 

になります。なので、日本のGDPは、

 

430万円 × 1.26億人 = 541兆円

 

くらいになります。日本は現在、毎年50万人レベルで人口が減っているので、このまま年収が増えていかないと、ますます経済力は衰退していきます。

 

一方で、インドは発展途上国なので、年収もますます増え続け、さらには人口も増え続けるので、あと9年で日本を抜くといっても不思議ではありません。まだ、日本のつみたてNISAではインド株を購入できませんが、あと5年もしたら、以前の中国のように、注目されてくるのだと思います。こうしたデータから時代の流れを早めに読み解くことも重要です。インドは長期的には買いです( ^ ^ )

お疲れ様です( ^ ^ )

第6回は「財産の確定」です。

 

具体的にいうと、バランスシート(BS)を年に1回作成し、家族で共有することです。

バランスシート(貸借対照表)は、企業が1年に1回作成しなければならない、財務諸表の1つです。

 

これを家計でも作成します。その効果は以下の通り。

 

1.家族の資産を全員が把握できる

2.誰に何を相続したいか、数字で可視化できる

3.遺言書の作成ができる

4.相続税の計算ができる

 

逆に、BSが作成できていないと、被相続人が亡くなった際に、

 

1.遺産がどれかわからない

2.預金口座からの出金、有価証券の売却、不動産の名義変えの手間が膨大

3.当然、遺言書は存在しない(遺産分割協議書のため、全員の同意が必要)

4.相続税の計算がすごく面倒

 

となります。残された家族が、遺産を相続するまでに数ヶ月から半年くらい、手続きに忙殺されます。亡くなった方のことを偲ぶ時間もままなりません。

 

バランスシートの作成は非常に簡単です。以下の項目を1万円単位で把握します。

 

<資産>

・現金 ・有価証券(株) ・不動産 ・債券

 

<負債>

・ローン、奨学金など

 

<純資産>

資産 ― 負債

 

一度作成すれば、翌年以降更新は非常に簡単です。家族のためにもBSを作成しましょう!

 

auカブコム、ETF手数料無料に
 

マネックス証券は10日、米国の上場投資信託(ETF)を買い付ける時にかかる手数料を12日から無料にすると発表した。auカブコム証券は同日、ETFを含むすべての取り扱い投信の販売手数料を114日から無料にすると発表した。投信や株式の手数料を無料にする動きが一段と広がってきた。

 

投資のコストを下げ、初心者らの投資参加を増やす。ETFの現物取引で無料とするのは90銘柄となり、ネット証券業界で最も多くなる。

 

auカブコムが2日に信用取引などの手数料を無料にすると表明してから、ネット証券が相次いで追随している。大手5社はすでに投信の販売手数料を無料にすると決めた。

 

(柳澤のコメント)

タダでさえ、安かったETFの買い付け手数料が無料になります。ETFとは上場投資信託のことで、基本はインデックスファンドで運用しています。インデックスなので、毎日取られる手数料である「信託報酬」も非常に安く、市場の平均を狙えるので、アクティブファンド(インデックスファンドを越えようとアクティブに頑張るファンド、9割がインデックスに負ける)よりも手堅く長期で資産を増やすことができます。

 

記事にあるように、では、auカブコムはどこで稼ごうとしているのか? それはどうも、信用取引のようです。投資元本の3倍までの取引が可能な信用取引の方が、リバレッジが効く分、儲けも大きいが、予測が外れた場合の損失も大きくなります。

株は基本的に長期で運用するのが基本なので、信用取引は避けた方が良いのですが、この無料化をチャンスと捉え、さらなる犠牲者が出ないことを祈るばかりです。

バングラデシュ国歌「我が黄金のベンガルよ」

 

わたしの黄金のベンガルよ、

わたしはあなたが好きでたまりません。

あなたの空、あなたの風は、

わたしの胸の中にある笛をいつも鳴らしてくれます。

ああ、お母さん、早春の

あなたのマンゴー林が放つ香は

わたしの魂を夢中にさせてしまいます。

ああ、お母さん、

わたしは死ぬほど幸福です。

お母さん、晩秋の

あなたの実り多き田畑に

わたしはお母さんのすてきな笑顔を見ましたよ。

美しい光と影が綾なす

愛情と慈悲にあふれた衣の裾を

お母さんは、バニヤンの樹の根元や

川の土手に拡げてくださいましたね。

お母さん、あなたの言葉は

わたしの耳には、まるで甘露のように響きます。

ああ、わたしは死ぬほど幸福です。

お母さん、あなたのお顔が心配で曇れば

わたしの頬は涙で濡れてしまいます。

 

タゴール、『歌のひろごり』所収「祖国」より。 1931年作

 

↑このページのトップヘ