柳澤博公式ブログ|プロの投資コンサルタント

富裕層向けの資格である、日本証券アナリスト協会認定の「プライベートバンキング・コーディネーター」を持ち、世界三大投資家であるジム・ロジャーズ氏とも対談した投資を教えるプロが、資産運用の基本から、世界の金融商品の説明、アドバイスを行います。お金の心配がなくなるお手伝いができればと思います。

2019年11月

「米ネット証券シュワブ、TD買収へ 手数料ゼロ引き金」


業界では10月に株式売買手数料を無料にする動きが広がった。市場で収益悪化懸念がくすぶるなか、早くも大手同士の再編につながった。

 

米ネット証券の再編は従来、大手による中小事業者の買収が中心だった。今回は上場するネット証券で時価総額最大のシュワブ(615億ドル)と、同2位のTDアメリによる大手同士の大型統合となる。

 

経営者を大型再編に突き動かしたのは、収益環境悪化への危機感だ。10月上旬にシュワブが株式やオプション取引料の無料化を発表すると、大手が追随し、一気に「手数料ゼロ」の流れができた。その結果、収益の柱の一つがなくなり、純営業収入でおよそ1516%の減収要因となる。

 

統合による相乗効果は大きい。買収対象会社の営業費用を50%減らせる効果が見られ、シュワブは富裕層向けの資産管理業務で強みを持ち、TDアメリの買収で顧客層の拡大が期待できそうだ。

 

<今後の日本では>

同じ流れが来るとなると、日本でもネット証券の株式売買手数料の無料化と、SBI証券と楽天証券の合併もありうる事かもしれませんね。窓口で銀行や証券会社に言われるままに購入するのは、手数料も含めて、もったいないと思います( ^ ^ )

お疲れ様です( ^ ^ )

2日目4回目です。

ホテル近辺の散策は今回が最後です。

 

<1枚目>

人力車ですが、こちらはタクシー会社のように会社から借りて運転しています。ガソリンか人力かの違いだけです。こちらのエコですね( ^ ^ )

S__61751347

<2枚目>

道路工事中です。ちゃんと重機で作業しています。
S__61751349

 

<3枚目>

街にゴミ箱はなく、基本その場に捨てています。自分のテリトリー(家や会社)以外は、ゴミ捨てOKという認識です。衛生的に良くないので、この辺も今後改善されていくと思います。
S__61751350

 

<4枚目>

基本的に街を歩いているのは男性が多いです。暖かい国なので、サンダルです。
S__61751351

 

<5枚目>

ここは高級住宅でもあるので、路地裏でも舗装されています( ^ ^ )
S__61751352

 

<6枚目>

マンションの工事中です。セメントとレンガが大活躍です。
S__61751353

 

<7枚目>

レンガは後で説明しますが、街中でよく見かけます。川が増水した時の泥から作るようです。
S__61751354

お疲れ様です( ^ ^ )

2日目3回目のレポートです。

 

<1枚目>

しつこいですが、電線がヤバイです。
S__61751336

<2枚目>

おしゃれなマンションと思いきや、下がまだ工事中で、ゴミが散乱しています。バングラデシュはこうしたゴミが結構落ちています。
S__61751338

<3枚目>

車は、富裕層の所有物です。新車の輸入は不可で、5年以上の中古車のみですが、関税も3倍程度かかるので、なかなか庶民には手が届きません。所有者と運転手は別物になります。でも、結構車は走っています。

 
S__61751339

<4枚目>

壁によく書いてある落書きっぽいイラストがありました。なかなか良いセンスです。多分お店の宣伝なのでしょうが、目を引きました。
S__61751340

 

<5枚目>

多分、水のCMなのでしょうが、ベンガル語はわかりません(>人<;)

S__61751341

 

<6枚目>

道路の工事をしていました。

S__61751342

 

<7枚目>

マック? でしょうか? 

S__61751343

 

<8枚目>

やはり庶民の交通手段は、人力車です。

S__61751345 

<9枚目>

街中に女性は少ないです。歩いているのはほとんど男性です。

S__61751346

お疲れ様です( ^ ^ )

20回は「日本の不動産投資」についてです。

こちらは、

 

・正社員3年以上

・年収500万円以上

 

の方が対象になりますので、対象外の方は飛ばしていただいて構いません。

 

上記対象者の方は、信用があるため、銀行から融資(信用)枠内で、ローンを組むことができます。

 

35年のローンを組んで、購入した不動産に「住んでいる人」が、

 

・家賃

 

を払い、あなたの代わりにローンの返済をします。

しかも、ローンを組む際に、

 

・団体信用生命保険

 

に強制加入させられるので、万が一あなたがなくなった場合、ローンは完済されるので、残った家族への生命保険代わりにもなります。

 

通常、都内の投資用不動産に投資をする場合の利回りは、大体4%程度です。

「現金」で購入した場合、株インデックス積立の10%より利回りが低くなってしまいます。

 

ですので、この国内不動産の投資は、あくまで自分の

 

・融資枠を

35年かけて

・現金化する

 

お小遣い稼ぎの投資になります( ^ ^ )

興味のある方は、個別にご相談ください。

お疲れ様です( ^ ^ )

19回は、「先進国の不動産」です。

 

不動産の価値は、

 

・家賃

 

です。

家賃が高ければ、物件価格も高くなります。

家賃が取れない不動産に価値はありません。

 

では、家賃の高い不動産は?

 

・立地が良い

 

不動産です。

 

トランプ大統領(不動産王と呼ばれていました)は、「1に立地、2に立地、不動産は立地こそ全て」と言っていました。

 

不動産の基本を理解した上で、先進国の不動産についてです。

投資をする上で、投資先のことがわからなければうまくいきません。

 

先進国の不動産では、アメリカよりは日本の方がよくわかると思います。

サンフランシスコの不動産よりも港区の不動産の方が詳しくわかりますし、調査も可能です。

 

ですので、先進国の不動産に投資する場合、「日本」を対象に考えます。

次回は、具体的な日本での不動産投資についてご説明します( ^ ^ )

↑このページのトップヘ