柳澤博公式ブログ|プロの投資コンサルタント

富裕層向けの資格である、日本証券アナリスト協会認定の「プライベートバンキング・コーディネーター」を持ち、世界三大投資家であるジム・ロジャーズ氏とも対談した投資を教えるプロが、資産運用の基本から、世界の金融商品の説明、アドバイスを行います。お金の心配がなくなるお手伝いができればと思います。

プロが教える! 2万人が満足した投資でうまくいく10個の秘訣!

いろいろまとめです( ^ ^ )

<面談内容>

 

「正しく増やす! 1万円からできるインデックス投資」(全30回)

「オープンチャット 過去Q&A」


ドル建てインデックス積立」(全10回)


「バングラデシュ旅行記」(3日間、全23回)

「保険の見直し方の考え方」(全2回)


 「確定申告」(全7回)

「バランスシート」(全5回)

「怪しい投資話の見分け方」(全9回)

「投資の説明あれこれ」

「相続」(全9回)

LINEオープンチャット「正しく増やす! 1万円からできるインデックス投資」

『柳澤博公式HP』

『LINEオープンチャット』

「正しく増やす! 1万円からできるインデックス投資」

 

Q1〜Q43はこちらをご覧ください。

Q 63S&P500のレバレッジ3ETFSPXLは手数料も少なく値幅も取れるので投資先として有りかと思いますが如何でしょうか。

 

Q62.この会社の友の会に入っていますが、大丈夫でしょうか?

 

A61.現金では損をする3番目の理由

 

A 60.現金だけだと損をする2番目の理由、人口減社会についてご説明します。

 

Q59.自営業として独立したばかりで時間が全くと言っていいほど取れません。

 

Q58.先日、確定拠出年金に加入しました。選んだ商品が適切かどうか不安になり一度ご相談にしたく投稿させていただきました。

 

Q 57.お子さまの貯金を、口座を作って投資に入れたい場合は何歳くらいから等、決めていることはあるのでしょうか?

 

A 56.現金(円)だけでは損をする

 

Q55.投資信託は一括購入には向いてないのでしょうか? ETFについても学んでみようと考えています。国内、海外とありますね。海外の方が利回り良さげでしょうか?

 

Q 54.以前、S&P500よりインドインデックスの方がパフォーマンスが良いと話が出たかと思いますが、このインデックスとは①BSE SENSEXでしょうか? それとも②CNX Niftyでしょうか?

 

Q 53.夫婦+0歳児の3人家族です。

 

Q 52.会社員の不動産を活用した控除(旅費を経費計上)とは、どういった不動産なのかお聞きしたいのですが。

 

Q51.柳澤さんとお会いする前からお世話になっているIFAの方がいまして、いくつか投資信託商品を積立でやっています。

 

Q50.「ニッセイワールドスポーツファンドメダリスト」「大和 iFreeActive ゲーム&Eスポーツ」の2つの投資信託を1月中旬に購入しました。

 

Q49.当方は、年齢32歳、年収630万、資産:現金で2000万、持ち家有、家族構成は妻、これから産まれる子1

 

Q 48. インド株インデックスの積立を始めたいのですが、日本で買えて手数料が安いのは調べた限り、iTrustインド株式(ピクテ投信投資顧問)でした。

 

Q47.投資のピラミッドについて質問があります。

 

Q46.サラリーマンで年末調整しててもさらに確定申告していくらか還付されてお得になるケースありますか?

 

Q45.投資信託「SBI・バンガード・S&P500」とETFVOO」、この二つで迷いました。

 

Q44.インデックス運用を調べてくうちに、「グローバル33分法ファンド」というファンドがでてきてメリットばかりありデメリットがあまり書いてない記事が目立ちます。

「投資から逃げ出したくなったRさんへの手紙」

 

昨年の老後資金2000万円問題で危機感を持ち、投資や積み立てを始めた2040代のあなた方にどう呼びかければいいか分からなかったので、老後資金の頭を取って仮にRさんということにしました。あなた方は投資をスタートしてから初めて迎える今回の相場急落に、夜も眠れないほどの不安を感じているのではないでしょうか。それどころか連日「過去最大の下げ幅」「○年ぶりの安値」といった記事を目にする中で、投資そのものから逃げ出したくなった人もいるのではないかと思います。


 4.7(急落)

でも、あえて言えばこのように「大きく上がることもあれば、下がることもある」のが投資の世界なのです。


4.7(急落②)

 

なぜなら私は、こうした大きな金融危機は何年かに1回起こるけれども、多くの場合は数年後に元に戻るものだということを経験で知っているからです。

 

ITバブル崩壊は約4年、リーマン・ショックも約4年で、チャイナ・ショックでは約10カ月で元の水準に戻りました。米国株はこれらの金融危機を経て、歴史的に常に最高値を更新し続けてきているのです。


4.7(急落③)

 

投資に絶対はありません。それでも自信を持って言えるのは、地球の人口は増え続けており、それに伴って世界全体の経済もゆっくり成長を続けているということです。

 

なので私自身は、時間はかかってもいずれは2月の水準に戻る日が来ると信じているのです。


4.7(急落④)

 

(柳澤のコメント)

地球の人口は増え続けており、それに伴って世界全体の経済もゆっくり成長を続けているということです。」が事実で、資本主義の本質です。

 

さらに、

 

・価値

 

のある企業に投資をすれば、リターンはより高くなります。分散投資もしすぎると、リスクを抑えることができますが、リターンも抑えてしまいます。過度の分散はもったいないです。

↑このページのトップヘ